2012/06/18

鉄のフライパンの使い方




何事も道具から入る!手段が目的! なかひで です。

注文してた山田工業所製のフライパンが届いたので、さっそく使ってみました。
“男の道具:山田工業所の打出し中華鍋 [男の料理] All About” http://bit.ly/LzGqRS 
まずは空焼きと油ならし。その後、卵でテストしたらお湯で洗って完了。

ホームセンターで売ってる鉄のフライパンと違い、数千回叩いて打ち出した鉄は、空焼きした時にでる表面の紋様が綺麗でした。
だからって、料理にどう差がでるのかは不明ですが、なんだか、一生ものの職人の作品を手に入れた感じで、愛着倍増です。

魚の皮をパリッパリにしたり、野菜炒めをシャッキシャキにしたり、バーベキューなみに強烈な強火に赤身の肉を放り投げたり、強火が必要な料理が楽しみです。

ただし、なにぶん料理の素人で、火加減がわからず・・・
今後はおそらく、なんども焦げグセをつけてしまったり、保存が悪くて錆びさせたりすると思います。でも、そういう失敗からフライパンを復活させられるのも鉄の利点。
穴が空くまで使いつづけられる方法を、今後紹介していきたいと思います。

お楽しみに〜

※すぐにテフロン加工に手を出さないのは・・・
料理を焦がすような下手くそだと、フライパンの温度をついつい上げすぎてしまい、テフロンを剥がしてしまうから。ちなみに、テフロン加工の限界は260度付近だとか。
よくわからないけど、テフロン加工は火加減にびくびくしなきゃで、難しそうです。


0 件のコメント: