2018/08/30

M-Tracer スイング診断でフルボディタイプを出すには

M-Tracerのスイング診断で毎回ニータイプと診断されてしまうので、
フルボディタイプと診断される基準をEPSONに問い合わせてみた。
結果、Vゾーンハーフウェイバックと回転ハーフウェイバックの2つの値で診断しているそうで、それ以上の詳細は非公開とのこと。

M-Tracerで計測できる数値は、ナチュラルアンコックやリズムなど他にも色々あるが、スイング診断に関係するのは上記2つの値のみ。
これは、テイクバックの9時の段階で診断結果は確定するということを意味している。

やってみた結果、
VゾーンハーフウェイバックはCで上げ、かつ回転ハーフウェイバックは10度以上ぐらいがフルボディタイプと診断される様子。


テイクバックが高く、シャットに上げて回転ハーフウェイバックが少ないとニータイプと診断

回転ハーフウェイバックを10度以上に改善しても、Vゾーンが高いままだとアンダーボディタイプ診断

0 件のコメント: