2015/10/25

ゴルフ練習記録 2015

スコアパット
時期ゴルフ場前半後半合計前半後半合計
12014/07/01フォレストみずなみCC--149---
22014/09/01亀山ゴルフ倶楽部--140---
32014/10/01亀山ゴルフ倶楽部--129---
42014/10/15瑞浪高原ゴルフ倶楽部6159120---
52014/11/01亀山ゴルフ倶楽部5955114---
62014/11/15むらさき野カントリークラブ5864122---
72014/12/01フォレストみずなみCC6557122172138
82015/01/10中仙道ゴルフ倶楽部6661127221840
92015/01/28双鈴ゴルフクラブ 関コース6650116252146
102015/03/04双鈴ゴルフクラブ 関コース5069119231841
112015/03/15半田ゴルフリンクス6762129202040
122015/03/28鈴鹿カンツリークラブ6757124232043
132015/04/15双鈴ゴルフクラブ 土山コース6764131212344
142015/04/18サンクラシックゴルフクラブ5853111191938
152015/04/30アイランドゴルフガーデン上石津6355118221739
162015/05/11亀山ゴルフ倶楽部5162113202343
172015/05/27藤原ゴルフクラブ 西・東5054104232043
182015/06/06デイリー瑞浪カントリー倶楽部5956115192342
192015/06/24双鈴ゴルフクラブ 関コース5248100211738
202015/07/04富士カントリー可児クラブ美濃ゴルフ場484997191736
212015/07/29中仙道ゴルフ倶楽部5253105201636
222015/08/10アイランドゴルフガーデン上石津5450104232245
232015/08/13トーシンさくらヒルズゴルフクラブ435093161834
242015/08/26藤原ゴルフクラブ 西・東5052102201939
252015/09/15美濃関カントリークラブ5060110161834
262015/09/26美並ロイヤルカントリークラブ5751108191837
272015/10/11美並ロイヤルカントリークラブ4659105181937
282015/10/21美並ロイヤルカントリークラブ4951100201939
292015/10/24春日井カントリークラブ5746103231740
302015/10/31トーシンセントラル6049109201636
312015/11/07美並ロイヤルカントリークラブ7451125222143
322015/11/15デイリー郡上カントリークラブ5056106181634
332015/11/21名岐国際ゴルフ倶楽部484694141226
342015/11/25みずなみ カントリー倶楽部5748105212041
352015/12/12ニューアドニスゴルフクラブ465096171633
※ハーフラウンド、ショートコースは表から除外


2015/12月
2〜3回/週で行っていたゴルフ練習場をやめて、ラウンド前だけに。
あわせて、エルボーバンドを毎日着用して1ヶ月が経過。

35回目
肘の痛みは相変わらずだけど、バンド着用の安心感からか、アイアンの"ど"スライスが出なくなった。
アイアン:
パーオン狙えるチャンスでダフることが多く、要改善。
パット:
近い距離からの寄せワンが多く33。パーオンが増えたらもっと2パットが増えるはず。
8月の気付き(ストローク式とタップ式をミックスした打法)はいい感触なので継続。
ドライバー:
10月の気づきを実践して特に問題無し。(たまにスライスしてOBがでるのはかわらず)


2015/11月
31回目の美並ロイヤルでハーフ74の大叩き。
ゴルフのやりすぎで肘を傷め、アイアンが振れなくなってしまった。
得意だったはずの残り100yもミスショットしか出ない。
ただし、ドライバー、3W、5W、ユーティリティ(カーボン)はシャフトが軽いためか問題無く振れるので、100yを残すレイアップはやめて、とにかくウッド、ユーティリティで飛ばせるだけ飛ばしてアプローチするように変更。

肘を休めるため、下記のエルボーバンドを購入。日常着用するように。

32回、33回目 やはりアイアンが振れず、微妙にグリーンに乗らない。
ウッド系で飛ばせるだけ飛ばしてアプローチで寄せる作戦を続行。
結果、カラー外からのアプローチが多くなりパット数が減少。
33回目はパット数26という自己最小記録になった。
34回目 みずなみカントリー倶楽部はグリーンが難しくパット数41と苦戦。


2015/10月
平日・土日どちらも激安な美並ロイヤルカントリークラブに3回。

気付き:
OB率を下げるための改善点
1.こぶし一つ短く持つ。
2.ティーショット前のマンぶりの素振りをやめて、一本足素振りに変更。
リラックスできて素振り後に左足で立ててるかどうかで体重移動のおかしさチェックが可能。
3.右手を返すのではなく、コークスキュリューパンチのイメージで。

後半の崩れ防止
1.バスケットボールを後ろに投げるイメージの体操
(体が回らなくなりスライスが出るので、こまめにストレッチ。)


2015/9月

直近2回が不調。
気付き:
・ドライバーのグリップの右手親指部分がすり減ってすべるようになっていた。
→グリップ交換。
・左のグリップをおろそかにしがちになり、ダウンスイング時に右手親指を強くグリップにあてて手打ちをしていた。
結果、右ひじの筋に負担がかかり、右肘が痛み始めていた。
→左手3本指のグリップを再度意識し、右手は添えるだけのイメージに改善。

25回目 美濃関カントリークラブ
ドライバー不調、右ひじ痛みが治らず。




2015/8月
24回目 藤原ゴルフクラブ
ドライバーでOB連発。

23回目 トーシンさくらヒルズゴルフクラブ
パーオン3回、ボギーオン9回、パット数34

20y前後のアプローチでチョロが2回。
最近、アプローチはミスが出ていなかったので油断していた。
OBはセカンドで1回あったが、プレフォーは珍しく0回。

これまでパットの距離感、方向が毎回安定せず、かならず幾つかのパンチショットが出てしまい、苦手感があった。
ゴルフ番組でプロがたまたまストローク式で打っているのをみて、自分のパットは、ガチガチになっていることに気づいた。
よくよく考えてみると、胸・脇・手首・グリップをしっかり固めて打っていて、力が入りすぎていたため、ショット時の感触がわかりにくかったと思う。
そこで、ストローク式で胸・脇を緩めて腕を解放し、タップ式をほんの少し取り入れて手首・グリップを可動させるようにしてみた。
自宅の練習では、良い感触だったため、初めての実戦でやってみたが、結果として距離感・方向が安定し、パンチショットのミスを0回にすることが出来た。


22回目 アイランドゴルフガーデン上石津
パーオン3回、ボギーオン8回、パット数45
とにかくパットが入らず。

ドライバー:ここ最近安定感があるが、しっかりあたっても220y程度。
根本的に打ち方が駄目なんだろう。
アイアン:ショートアイアンは距離、方向よかった。ロングは苦手意識がついてしまい、ダウンスイングで手を引いてしまう感覚があり、課題。
アプローチ:PTとSWを使用。ミスなかった。
バウンスを殺す気づきが自分にはあっていたのか、ウェッジのトップやダフリが無く安心して打てるようになった。

パター:距離感つかめないまま45をたたいてしまった。
スイングスピードが一定じゃないことが駄目なうちの一つの要因だと思う。



2015/7月

21回目 中仙道ゴルフ倶楽部
肘の痛みで不調。久しぶりに12打の大叩きあり。
パットの距離感をつかむのが遅く、前半20打たたくことが多い。
ダボ以上が9ホールと50%を占めている。


20回目 富士カントリー可児クラブ美濃ゴルフ場
ようやく100を切る事ができた。

ドライバー:距離は出ていないが、ほぼミスショットなく安定していた。
アイアン:おおむね安定していた。100yはピンそばにつけられるようになってきた。
アプローチ:PTと8Iの転がしで、距離感がだいたいあっていた。
パター:パット数がベスト更新。しかし4パット、3パットがまだ出る。

ボギーオンできなかったのが8ホール。
ボギーオンを確実にとれるようになることが課題。

ダボ、トリを避けられるように。



2015/6月

18回目  デイリー瑞浪カントリー倶楽部
結果は悪かったが岐阜の難易度5位とのことでハザードを意識したマネジメントの勉強になった。
ドライバー:スライスが消える効果のあった、ボールを見失うぐらいのフルスイング。
スライスは改善できたが方向自体が安定せずOB率が高い。要改善。
アイアン:ロングアイアンが改善してきたが、全体的にひっかけ、スライスがまだ出る。
アプローチ:10y付近のパットアプローチがちびる。距離感なし。
パター:相変わらず打ち過ぎのオーバーが目立つ。

19回目 双鈴ゴルフクラブ 関コース
前々回の104から100にベスグロ更新。

ドライバー:OB1回のみ。フルスイングをやめて安定感が出た。
フルスイングをやめたかわりに出るはずのスライス病はいつのまにかフェードレベルになってきた。ただし飛距離は200前後しか飛ばなくなった。

アイアン:手打ちにならないように「手を上下に、腰を左右に」を意識。ひっかけ、スライスが改善。
アプローチ:10y付近のパットアプローチのちびりは庭の練習で改善。30y付近を安易に打っていたためか、シャンクが2回出てしまった。
パター:相変わらず打ち過ぎのオーバーが目立つが、後半に改善できた。



2015/5月


16回目 亀山ゴルフ倶楽部
左足への体重移動を意識するようになってアイアンが少し打てるようになってきた。
ミスショット連発していたのが2、3本に減った。
ドライバーが後半にOB連発。スライスばかりで根本的に打ち方がよくないと思われる。
アプロートをウェッジでやってショート連発。8I等に切り替えた方がよさそう。
パターは距離感あわず。

17回目 藤原ゴルフクラブ
ドライバー:OB数回でたが、これまでよりもだいぶまともになった。
思い切ってボールを見失うぐらいまで振りかぶることで、スライスが消えて距離も200超えられるようになってきた。
アイアン:PT、7Iがまっすぐ距離もあっていた。5IでショートがダフってOB。9Iがスライスなどミスはあり。
アプローチ:8Iの転がしでウェッジのような事故は減ったがショート、オーバーなどちらほら。改善の余地有り。
パター:打ち過ぎのオーバーが目立ち、スコアを悪くしていた。
パー4つ、スコアは104でようやく110切り。ベスグロ更新。






2015/4月

13回目:双鈴土山コース
シャンク病がなおらず。
14回目:サンクラシックゴルフクラブ
ドライバー、左足体重移動意識して後半 飛距離がでるようになった。(200y届くようになった)
ベスグロを久しぶりに更新して111。パターも久しぶりに40切って38。
15回目:アイランドゴルフガーデン上石津


アイアンのシャンク病はだいぶ改善したが、ミスショットが多くOB出してダブルスコア6回。





2015/3月

10回目:1月に引き続き、双鈴ゴルフクラブに。
手首を痛めたのか、後半ボロボロに。

11回目:翌週、半田ゴルフリンクスで同窓生とプレー。
前回で手首を完全に傷めたらしく、テーピングしてプレー。

12回目:鈴鹿カンツリークラブ
パットを感覚だけでやっていたら距離感あわない。きちんと計測必要。



2015/2月
桑田泉のクォーター理論を参考に練習しています。
最近、素振りをしても下をこすらず、テンプラ気味になっていたので、ダウンブローを意識して練習。




ドライバーのインパクトの位置がシャフト寄り、フェイス上側だったのを少し改善。
あえてボールを遠くにおいてシャフトに当たる心配をしながら打つようにしたら結果よかった。
アイアンも以前よりは芯で打てるようになってきた。

距離10歩前後のパターが多いので練習しようと、パターマットを連結。
3m+2m=5m。7歩程度の距離まで練習できるようになりました。




2015/1月

コース8回目(中仙道ゴルフ倶楽部)127
雪の残るバンカー。午前中はグリーンがカチカチ。

out 66

in 61(画像のTOTALは計算間違い)


反省点
1.ドライバー、アイアンどちらもスライス
2.アプローチ、距離感悪い
3.パット、距離感悪い

ドライバーのインパクト位置
→シャフト付近なのは以前から変化無し。

ドライバー、アイアンのスライス改善のために、「桑田泉のクォーター理論」という動画をみてお勉強。



アプローチはNHKの趣味道楽という番組でサンドよりもUTや9I、PTなどを使って転がすほうが簡単でおすすめとのことだったので、いろいろ試してみることに。



パットの練習として、パターマット工房のスーパーベント パターマットを購入。
自分の歩幅4歩までの距離が練習可能になった。







コース9回目(双鈴ゴルフクラブ 関コース)116
鹿の親子が横切る
IN 66、OUT 50
前半(IN)は、前回の中山道と同じスコア66。
後半(OUT)は、ドライバーが少し安定して50。

反省点
1.ランニングアプローチ(9I、SW)の距離感が悪い
3.パットの精度が悪い

(早く110を切りたい)

0 件のコメント: