2013/01/27

日本においてはAndroidのほうが高価だよね?


“Androidが売れるのは「良いから」じゃなくて「安いから」 : ギズモード・ジャパン” http://bit.ly/113pyyx

この記事を読んで、日本の場合はどうか気になったので、iPhone5を選ぶときに競合になりそうな機種2つと比較してみました。
※パケット代は選ぶキャリアによって1,000円前後の差があったり、光回線との併用で割引あったり、そういうのはAndroidかiPhoneかには関係無いので無視。
端末が高いかどうかの観点です。


参考)
http://antainer.blogspot.com/p/docomo-smartphone-monthly-support.html

【docomo Xperia Z SO-02E】77,280円
実質価格29,400円(最大47,880円/月額1,995円)

【docomo GALAXY S III α SC-03E】78,120円 新規または機種変更月々サポート実質価格27,720円(最大50,400円/月額2,100円)

【iPhone5 16GB 51,360円】
実質価格0円(2,140円*24ヶ月の割引)

ある程度の新機種を手に入れようとすると、Androidは実質3万円弱かかるのに対して、iPhone5 16GBは実質0円。
(Androidは16GB、32GBとかサイズは選べ無い???このあたりよく知りません・・・)

古いAndroid機種なら実質0円もあるけど、それでもiPhoneと肩を並べるだけであって、それ以下にはならない。

結果、日本においては米国の真逆。

iPhoneが売れるのは「良いから」じゃなくて「安いから」・・・という説が成り立つかもしれない。

Androidが高くても売れるのはiPhoneには無いメリットがあるから。
「ガラケー機能がある」「LTEが入りやすい」「画面が広い」「CPUがすごい」「メモリがすごい」「ホーム画面がカスタマイズできる」「ホーム画面でガジェットが使える」「docomoから乗り換えたくない」など。

あー、docomo Xperia Z 欲しです。
でもやっぱり、安いiPhoneから高いAndroidには乗り換えられませんね〜



0 件のコメント: