2011/12/30

年賀状やめちゃいました。

年賀状ってめんどくさい、、

1.他人の住所とか管理できない。
2.引っ越した人を覚えてない。
3.喪中な人を覚えてない。
4.葉書が高い。
5.出す相手はしばらく増え続ける。
6.出す相手をふるいにかけるとか楽しくない。
7.必要な枚数がなかなか確定しない。
8.デザインとか写真決めるの一苦労。
9.プリンタは年一回の大舞台のくせに目詰まる。
10.手書きのスパイス入れないと気まずい。
11.書き損じる。
12.元旦必着のプレッシャーがストレス。
13.出してない人から来たら返さなあかん。

もう毎年こんなこと考えて、年末は年賀状ブルー。

そうだ、負担軽くするために、枚数減らそう!

ということで、昨年末は電子媒体で簡略化してみたり。
そのかわり、元旦のリアルタイムな家族写真とか、紙より伝わるものもあるかなと、都合のいい解釈するなど。

しかし、後によくよく聴くと、「え?まさかこれで終わりじゃないよね?」「年賀状には年賀状で」、みたいな等価交換的な声も聞こえてきちゃったり。。

あと、そもそも電子媒体で送るのは年賀状並に面倒くさかった。
宛先は、eメール、SMS、ケータイキャリアドメインのメール、Facebook、mixi、その他いろいろなパターンがある。
死んでるアドレスに送ってもいけないから、直近で導通してたアドレスを調べたり、、
相手先の添付ファイル事情やスパムフィルターの仕様、文字コード、不達確認や未読確認の方法など、気にすることがいっぱい。
電子媒体は郵便屋さんをかいさないだけに、ポストに投函して終わりみたいなワンストップにならず。
結果、年賀状の枚数は3桁から2桁に減らせたのでコストは減ったけど、いろんな方式が増えた分、逆に大変だったという教訓が残ったと。。

まぁ、そんなわけで、一回、年賀状ヤメテミルコトニシマシタ。

よろしくお願いいたします。 m_ _m
iPadから送信

0 件のコメント: