2009/09/22

鹿児島まで車は疲れるよ

家内の実家、鹿児島まで帰省してきました。
今までは飛行機でしたが、今回は初めての車。
いや〜疲れました、往路・復路ともに。
往路が19時間、復路は21時間かかりましたよ。
基本的に眠くなったら家内と交代しながら運転してたのですが、疲れがピークになると眠気を感じた時はすでに遅くw、次のPAやSAまでがかなりつらかったり。
それだけに、慣れてるはずの鹿児島の実家がずいぶんと感慨深く感じられ、なにかと楽しい帰省になりました。

少ない写真をもとにちょっぴり振り返っておきます。


今回の旅の一番の思い出は、Twitter。仲良くしてもらってるTwitter仲間?の人たちのエールに励まされながら往復2000Km超のドライブをこなせました。写真のとおり、みなさんのつぶやきはずっと見てましたw




これは往路の関門橋にて。日の出が感動的でした。しかし、高速道路1000円制度の影響なのかわかりませんが、朝5時台で壇之浦PAに入る車は行列をつくってました。


帰省するたびに家内の実家からいつも貴重なものをいただくのですが、今回は芋焼酎の村尾。
貴重な焼酎だからこそ、お義父さんと飲み交わしたかったのですが、私のここぞ!という場面に使えるようにと、お土産として持ち帰ることに。
お義父さんに感謝、感謝です。


帰省して楽しみなのが実は、家内の実家の実家。
丹精な平屋建ての自宅周りに、見渡す限りの畑・田んぼ・山、などなど。どこまでが所有地なのかは不明w
飲んだ後に肝臓にいいからと柿を虫取り網で採ったり、夕食の食材を畑で採ってきたり。
うまく表現できませんが、自分の職業がまったく役に立たないことを実感させられる瞬間。


息子がiPhone(のゲーム)を手にした目の輝きよりも、虫取り網を手にして走り回る姿のほうが何倍も輝いて見えた。

という、結局親ばかのブログになってしまいました。アシカラズ。

0 件のコメント: