2009/07/14

どうせつぶやくなら・・・とPhotoShareにはまってます

どうせ(Twitterで)つぶやくのならば、画像があったほうがよりWhatAreYouDoing?を伝えられると思います。
そんなわけで、最近は気付くと(iPhoneの)PhotoShareを立ち上げて、写真を撮影(と同時にアップロード)しています。
そうすると、PhotoShareが私に代わってTwitterにつぶやいてくれます。

だからなんだ?つぶやく必要があるのか?Twitterって必要なのか?
って妻に問われる毎日なのですが、説明が難しい・・・

そんなわけで、私のPhotoShareはここ。(←PC用のリンクです)

その昔、ポケベル全盛期だった頃、いち早くツーカーの携帯を持った時にも、周りにその便利さや必要性はわかってもらえなかったなぁ。

でも意外や意外!
日本の小中高生は、アメリカでTwitterが当たり前になるのと同じかそれ以前から、すでに・・・プロフとかを利用したいわゆる「リアル」文化があったんですよね。。

ようするに日本では以前から(小中高生限定で)需要はあったが、未だに日本には「リアル」を実現するケータイ・サービスは提供されておらず、ところが若者はおそろしく柔軟なケータイ・サービスの使い方で「リアル」を実現してしまっている。
アメリカでは、Twitterという「リアル」サービスが先に登場して、数年が経ったのちに、ようやくその必要性が理解されて、現在にいたっている。

そうとらえたほうが、正解な気がしています。

0 件のコメント: