2009/07/06

プログラマーを引き付けるMac OS Xの魅力 - @IT

AmigaやX68000の頃からMacへのあこがれがありつつも、仕事上Windowsになってしまい、しばらくMacのことなんて忘れていたなぁ。。
Leopardが発売された時には、Macへ移行しようか考えたけど、結局いろいろ不便そうなので辞めた。しかし、iPhoneを機に状況が一変。もともとJavaぐらいしか書けないので、それならWinでもMacでも同じこと。メールやカレンダー、ToDoなどいろんな情報が気づいたらクラウド上にあるので、そういう意味でも、WinとMacの違いは問題ではない。
そして、いざWindowsが必要になれば、BootCampとか用意されてるし。MicrosoftのOfficeはあるし。外堀は埋まった。
こんな感じで、2009年のGWに・・・石橋をたたいても中々渡らない小心者の私が、ついにMacに移行した。

結果、Macに移行して本当に満足してます。

そして、移行してから気付いたこと・・・
1.美しいフォント・・・Windows時代は気にしたことなかったけど、毎日美しいフォントでネットを見たりしてると、Windowsの文書や画面は見たくなくなります。。
2.Unix・・・やっぱりshellが便利。あと、エディタはviがやっぱりいい。
3.開発環境・・・XCodeなど、必要なものが最初から入っている。VisualXXXのような変態的な言語からおさらばできる^^

プログラマーを引き付けるMac OS Xの魅力 - @IT

0 件のコメント: