2009/05/30

MACにGAE開発環境

Googleが提供するクラウドサービス(GoogleAppEngine)の開発環境をMacに作成してみました。

Macの場合、Javaはsunから入手できない。というか、はじめからインストールされてるので、それを使います。

そして、Eclipseの公式サイトからMacOSX用をダウンロードして、アプリケーションフォルダに放り込んで、Eclipse.appをダブルクリックして起動するだけ。
Windowsとは違い、パスの設定とかJDKとのひも付け作業はいっさい不要です。

そして、Googleから提供されているプラグインをEclipseに入れれば、開発環境は整ってしまいます。
やり方はここ(http://www.atmarkit.co.jp/fjava/rensai4/gaej01/gaej01_2.html)を参照。

こんな感じで実行できます。デプロイも超簡単。
(ターミナルのエラーは、未だGAEのIDを取得していない状態でデプロイしようとした時のエラーです^^)


RDBではないけどKeyValue型のデータベースが使えて、認証機能があり、メールAPIもあるみたいなので、ちょっと勉強してみたくなりました。
とりあえず、自分のドメインにデプロイしてみた。

実際にGAEを使ったサービスはこれ。
実開発で分かったGoogle App Engine for Javaの“すごさ”:ITpro

0 件のコメント: