2009/05/24

持ってることが当たり前なもの

とある写真家のブログで、その人の作品が携帯サイトでとりあげられる旨のことが書いてあり、最後に、
「以上、本人は携帯電話を持っていない○○からのお知らせでした。」
と締めくくられていました。

携帯電話を持っていることが当たり前の世相だからこその一文ですよね。

そういえば、わたしの勤める会社にも「持っていない」社員がいます。
そうすると、誰もがその社員にする質問が、コレ。
「どうしてケータイを持ってないの?」

本人からすると「ケータイに必要性を感じないから。」という簡単な理由らしいのですが、「持ってることが当たり前」な人からすると、この理由では納得できない、というか、この時代にケータイ・レスを続けるということは、「持たない・持つことができない・持ってはいけない」など、何かもっと別の驚愕の理由があるのでは?と、思ってしまうんですよね。

ところで、今後「持っていることが当たり前になるもの」ってなんでしょうね。

薄型TV
デジカメ
パソコン
IP電話
デジタル・音楽プレーヤー
スマート・フォン
緊急地震速報システム
・・・ちょっと無理があるかな〜

逆に、「持っていることが当たり前ではなくなりつつあるもの」ってなんでしょう。

電話加入権
車や車の免許
フィルム型カメラ
・・・うーん、もっとあると思ったけど、意外に思いつかないもんだなぁ〜

以上

0 件のコメント: