2007/11/25

HDD Regeneratorを使ってもらったら直った

使用不能になったハードディスクを復活させる「HDD Regenerator」

ハードディスクの物理障害、果たして本当に復旧できるのか?

上の2つをいつかの備えとしてブクマしていた私。

そんなとき、友人の勤める会社のPC(のHDD)がクラッシュしたというのでさっそく上記2つのエントリーから復旧ツールとおすすめサルベージ業者、そして素人にもわかりやすい障害の切り分け方と、復旧にかかるコストとデータの価値とを比較する重要性を教えてあげた。

結果、障害はどうやら論理障害であることと、復旧したいデータは事務員さんが数年間かけてこつこつ作り上げてきたExcelファイル群数十Mbで、30万円ぐらいまでなら払うけど、それ以上であれば事務員さんに泣いてもらうという状態まで話しを明確にしてもらった。

私のところまで電話が来た先々週の時点で、既に事務員さんの悲痛な表情に、友人は徹夜までして自力で色々な復旧ソフトを試していたそうで、各店舗のPCが管理されていないことに会社として問題視されはじめていたそうだ。

そして昨日、再び友人から電話があり、なんとHDD Regeneratorで復旧できたとのこと。しかも1セクタだけしか復旧できないお試し版で1セクタ修復したら復旧^^・・・奇跡です。

ま、そこから先は必要なデータ(Excelだけでなくネットワーク設定やお気に入りやメールデータなど実は多数あった)の移し方や、復旧してももうそのHDDは使わないほうが良いのでどうしたらいいのかなど、色々と相談をもちかけられたので、結局昨日の夜、その会社まで行ってきました。

デルのサポートも役に立たず、市販のソフトも駄目で、誰もがあきらめていた今回のデータを「いとも簡単に復旧する手順を知っていた人」というちょっとした評判になっていた私だったので、会社についたら初対面にもかかわらず、皆が笑顔で迎えてくれました^^

あくまで友人の立場であったので、実際に私がその会社のPCを触ることはあえてしなかったのですが、私自身もこのツールの有効性を実証できたことが何よりもメリットでした。

その後感謝の飲み会を開いてもらい、土曜日に居酒屋で飲むというめずらしい経験をしました。